まいまいつぶりの足跡帳(宮永麻衣のインターネットラジオブログ)

宮永麻衣のインターネットラジオ「まいまいつぶりのあるいたあとには」の番組ブログです。
毎週木曜日更新。
こんにちは、宮永麻衣です。
インターネットラジオ「まいまいつぶりのあるいたあとには」
第9回をお届けします!



今回のコーナーは
「帰ってきたおさんぽ小路」後編!
予告どおり、続きなのです。

・・・と、いっても別の日にいったんだけどね。



天気が良すぎてちょっと見にくいかもだけど、彫刻公園のブロンズ像。
あまりにも住宅街にとけこみすぎている公園で、探すのにちょっと手間取りました。
え、ここ??みたいな。

そして、大通りを渡ってこちらも住宅地の中。
峯孝作品展示館。
地震以来、休館しているようです。
影響って、何が起きたんだろう?
、、、作品がみんな倒れちゃったとか??



早く再開されるといいですね。

そして、宮永はやっぱりネコがすき!!



ネコメインで撮ってしまったのでわかりにくいですが、
いろいろなお庭の造り方を紹介してる公園なのです。

このネコちゃんたちが、幸せに暮らせてるといいな。。。
公園に貼ってあった、動物を捨てるのは犯罪ですっていうポスターが
気にかかります。。。

そして、この街には芸術家の記憶がいっぱい。
熊谷守一美術館。



大きなアリの、、、壁画??
名前もカタカナで刻んであるんだね。

そして、宮永がまたもや蚊に襲われた公園では。



カモの親子が暮らしていました。
あんなに粘ったのに、コガモがちっとも写ってないけど。

自由に動き回る生き物を撮影するのは大変ですね。
カメラマンさんを尊敬します。

そして、池袋モンパルナスという言葉が生まれるきっかけになった
桜ヶ丘パルテノン跡は、、、



ここにそういうアトリエ村があったという看板があるばかりで、
すっかり普通の住宅地でした。

でも、アトリエ村も、もともとは住宅地なんだよね。
芸術家がたくさん住んでいたっていうだけで。

いまも、隣の練馬区には漫画家やアニメーターさんが多く住んでるし、
江古田には、音大生のための防音室があるマンションが多い。

もしかしたら、またずっと先の未来には、
そういう街だったんだよ、っていう記憶が語られるかもしれないよね。

この番組は毎週木曜日の更新です。
次回もお楽しみに!
番組ページはコチラ



■お便りフォーム 
  http://www.media.atosuta.net/program/mai-aru/form/postmail.html
■EDテーマ曲『光の場所』(愛甲ミカ) 
  http://tekuteku.pupu.jp/
■その他BGM  『フリー音楽素材MusMus』  
 http://musmus.main.jp/




2012/08/30 (木) 00:00 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック